禁煙外来 保険

禁煙外来の保険について

禁煙を医療機で行う場合、いわゆる禁煙外来は、2006年から保険が適用されるようになりました。

 

原則として自己負担が3割になり、禁煙の費用が軽減できるようになったのです。

 

が、しかし誰でも保険が適用されるというわけではありません。

 

医療機関で保険適用を受けるには、条件があります。

 

一定期間の外来診療での受診、そして診断基準に沿って依存症と診断される必要があります。

 

つまり、医師が禁煙が必要だと認めて初めて保険が適用される仕組みになっているわけです。

 

それから以前に禁煙の治療を受けてから1年を経過するなどの条件もあります。

 

また、何よりも必要なのが本人が禁煙をしたいという意思も重要です。なぜなら、本人が禁煙をしたいという同意書にサインをして、初めて禁煙の治療となるからです。

 

さて、この禁煙外来の保険適用の期間や回数をご存知でしょうか?

 

禁煙外来の保険適用の期間は、3ヶ月、初診を含めて全部で5回になります。

 

最終的に禁煙ができた場合は、以後の禁煙を継続するためのコツを教えてもらうことになるでしょう。

禁煙外来と保険【禁煙外来の保険適用の条件について】関連ページ

メリット、デメリット
どのようなことにもメリットとデメリットが存在します。では、禁煙外来にもメリットとデメリットがあるのでしょうか?
費用(治療費)
禁煙外来に費用ってどれぐらいするのでしょうか?禁煙というのは短い期間でできるものではありませんので、トータルでどれぐらいするのか気になりますよね。