禁煙外来 費用

禁煙外来の費用(治療費)って高いですか?

禁煙外来の費用(治療費)って高いですか?

禁煙外来で気になるのは、禁煙外来の費用。治療費、気になりますよね。

 

ということで、以下では禁煙外来の費用面について触れておきたいと思います。

 

医師によるカウンセリングやフォローと禁煙補助薬の費用ですが、公的な健康保険の適用が受けられ3割負担となっています。

 

症状によりますが、一日1箱を吸われる方では、治療期間の煙草代と同等程の費用で治療ができます。

 

「すぐ禁煙.jp」によると「禁煙治療(自己負担3割として)は、処方される薬にもよりますが8〜12週間で13,000円〜20,000円程度です。」とのこと。

 

※参考サイト:http://sugu-kinen.jp/treatment/insurance/application.html

あなたは一人でタバコを止められますか?

禁煙外来の費用(治療費)って高いですか?

喫煙の習慣を止めるのは、難しいものです。

 

ニコチン中毒と言ってしまえばそれまでですが、タバコにもメリットがあるため、それが言い訳になってしまい、なかなか止めることができません。

 

例えば、食事の後に、料理の余韻を楽しみながら次の活動に向けてリラックスが出来ます。仕事で疲れた時に、気分を変えたり休憩を取ったりも出来ます。

 

また、喫煙しながらの雑談等で、コミュニケーションを取ったり出来ます。悪い面ばかりではないのです。

 

 

 

 

しかし、

 

肺がんの恐れや副流煙による他の人への影響等が言われる様に、なりました。

 

会社だけで無く店舗や駅等でも、禁煙席や禁煙時間、喫煙室のみと制限するお店が増加。また、煙草の販売そのものにも制限がされています。

 

また、アメリカでは肥満解消と禁煙が幹部ビジネスマンでは、当然視される風潮もあります。

 

これらの総合的な流れから、禁煙を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

しかし、あなたはタバコを止めることができますか?

 

多くのヘビースモーカーが、ご本人のみで禁煙する事が難しいのも現実としてあります。

 

これは、意志の弱さと捉えがちですが、ニコチンによる強い依存症状が原因と考えられます。

 

そこで、ニコチンによる依存症という病気と捉え、病院で治療するという考え方が出て来ました。

 

病院では、禁煙外来という診療科目を設けて、通院での治療に対応している所があるのがそれです。

 

治療の過程としては、ニコチン依存症かを確認し、煙草の有害物質の一酸化炭素が息の中に含まれる割合を、測定。

 

禁煙開始日を確認して、禁煙の状況やニコチン切れの症状を見ます。症状により禁煙補助薬を使用。

 

医師による禁煙補助薬の特徴と使用法の指導を受けます。

 

費用(治療費)は発生しますが、一人で禁煙するのと比べると格段に禁煙に成功します。

 

★→禁煙外来に行かずに、タバコがまずくなる薬(チャンピックス)が欲しい方はコチラ

禁煙外来の費用(治療費)って高いですか?関連ページ

メリット、デメリット
どのようなことにもメリットとデメリットが存在します。では、禁煙外来にもメリットとデメリットがあるのでしょうか?
禁煙外来と保険
保険の適用条件、回数、期間など、禁煙外来の保険についてここでは触れていきます。