電子タバコ

おすすめ電子タバコはコチラ!

Frienbr(フレンバー)

 

 

 

スタイリッシュな電子タバコをお探しならFrienbr(フレンバー)がオススメ!

のeTabaco(イータバコ)

 

 

女性にも人気のeTabaco(イータバコ)

・興味のある電子タバコのバナーを今すぐクリック!
・お得な価格で電子タバコを購入することができます!

 

 

→電子タバコ以外の禁煙グッズはコチラ!

電子タバコのリキッドについて

喫煙の方法は多くありますが、最近電子タバコというものが発売されています。

 

電子タバコはリキッドという液体を気化させて、擬似的にタバコを吸っているように感じるものです。

 

この製品は海外では非常に人気で一つの喫煙文化になっています。

 

しかし日本では規制が強いため、あまりいい商品を手に入れることができないということでマニアの方の中には外国から輸入して利用する人もいます。

 

先ほども説明しましたが、この電子タバコは液体を気化させるタバコ部分に、タバコの臭いや味をもたせたリキッドを注入して使います。

 

リキッドの種類は多くフルーツのような味から、本格的な煙草の味が楽しめるものまでたくさんあります。

禁煙効果のある電子タバコ

日本国内ではニコチンを含ませたリキッドを使うことができないということをご存知でしょうか?

 

そのため国内の電子タバコではニコチンなしの喫煙になります。ニコチンがないので禁煙に効果があり、健康の改善に利用することができます。

 

つまり、日本国内の電子タバコは、禁煙用の製品としての意味が強いので、タバコを止めたい時は効果的です。

 

禁煙するなら日本の電子タバコを購入するようにしましょう。

 

ただいつもタバコを吸っていた人が電子タバコを吸うと、違和感を感じることがあります。

 

特にフルーツ系の甘い味は奇妙に感じることが多いといわれます。逆に苦味の強い味ならば違和感が少ないようです。

 

外国製品の電子タバコは、ニコチンが入っているので一種のタバコとして吸うことができますが、禁煙のためには不向きなので注意しておきましょう。

電子タバコのメリット、デメリット

電子タバコとリキッド!禁煙効果のある電子タバコは?

電子タバコのメリットについてお話する前に、デメリットをお伝えしたいと思います。

 

タバコのお好きな方にしてみれば、やっぱり味が違うということです。タバコを吸う人間にとっては銘柄が違うだけでも嫌なものですから、それが電子タバコとなるとなおさらです。

 

今まで慣れ親しんできたものとの違いが大きく感じられることがデメリットではないでしょうか。

 

しかし、電子タバコにはメリットもあるのです。

 

電子タバコは、健康面で害になるものが圧倒的に少ないです。全く害にならないとは言えないのですが、周りの人に副流煙で多大な迷惑もかけることがありません。

 

タバコ特有の税金もかかりません。

 

禁煙にステップアップしていく方法として使う方もいます。

 

長生きしたいのならば、タバコは百害あって一利なしと言われますから、これを機に電子タバコに挑戦してみるのは良いことではないでしょうか。

 

火を使わないので、火事の危険性は全くありません。

 

また、どんな姿勢であれ、タバコを吸うことができるのです。

 

寝タバコが危なくて心配という一人住まいの方にも安全におすすめすることができます。

 

それからヤニがつかないので、部屋や服の臭い、歯や指先の黄ばみも気になりにくいです。

 

ご家族から禁煙を勧められたり、自分からタバコと向き合おうと思った時に電子タバコはあなたの味方になってくれるはずです。

 

きっぱりと禁煙することが理想であっても、なかなか理想通りにいかないこともあるので、まず電子タバコを試してみてはいかがでしょうか。